Gay Magic - Rainbow Life for Everyone

30代のGayが少しだけ角度を変えてGayについて考えてみたBlogです。

リスクがあると思いながらも、コンドームを使わない?!

9月に今年3大会目のトライアスロンの大会に出場して、怪我もなく無事完走してきました!

今回は天気も暑すぎず&寒すぎずで、丁度良い感じでした。

また来年に向けて、少しお休みをしてから、もうちょっと真面目にトレーニングします!

99t1.jpg


さて、こちらの記事は別サイト用に掲載した記事なのですが、色々とあちらには規制があるらしく記事を非公開にすることになってしまいました。確かに内容は性的な要素はあるのですが、真面目な話なのに・・・。

ということで、もったいないのでご紹介します。

コンドームを使う、使わないはご自身の選択ですが、今一度冷静に考えてみましょう。

「好きだから」、「検査結果は大丈夫だったから」は、コンドームを使わなくてよい理由にはならないことくらいはお分かりですよね。

この機会に、セ―ファーセックスやHIVなどについて、HIVマップさんのサイトでおさらいしてみましょう~。

condom.jpg

新たな調査では、2/3(65%)のゲイとバイセクシャルの男性が前回アナルセックスをした際にコンドームを使わず、そのうち27%は自身の性生活を「危険」だと言っているといことが明らかになった。

調査はUKに拠点を置く男性の健康慈善団体 ”Gay Men Fight Aids” によってまとめられた。研究者たちは、500名のゲイとバイセクシャルの男性を対象に調査を行なった。

「我々は全て別々にリスクを測定しました。」とゲイとバイセクシャルの男性へのサービスを専門にしているクリニックで働くDavid Stuart氏は述べた。「HIVのリスクだけを関連づける人もいれば、全てのSTI(性感染症)を潜在的なリスクとして考察する人もいます。その他、リスクを性的興奮しない、適合しない、興味がないなどの拒否基準で計測している人もいます。」

Newsweekは以下のように報じている。

直近で性的関係を持った際、コンドームを使わなかったことを大多数は認めてはいるが、これは、無防備な性交渉が必ずしも危険であるということを示しているわけではない。結婚もしくは、長期にわたって付き合っている同性カップルは性交渉の際、コンドームを使わない選択をするかもしれない。

もちろんHIV感染から身を守るPrEP(PrEPは曝露前予防内服(Pre-Exposure Prophylaxis) のことで、HIV陰性の状態の時から抗HIV薬を服用することで感染を防ぐこと)を服用している男性もいる。

Jimmyという36歳の回答者は、コンドームを使うかどうかは相手がどうしたいかによると答えた。

「以前会った数名の男性とのことです。」と彼は説明した。 「ある男性とはコンドーム無しでしたが、他の人はコンドームを使うことを望んでいました。両者とも私がPrEPを服用しているので気にしていませんでした。」

さらに、JimmyはHIV陽性であることを知った上でセックスをすることに抵抗はないと述べた。「それらが検知できない限り、リスクはありません。PrEPを服用している今、感染のリスクの確率はかなり減っています。」

最新の調査は、ゲイとバイセクシャルの男性の40%が定期的に無防備な性交渉をしているということを明らかにした昨年の調査と同じような結果となった。

関連記事:The number of gay men who didn’t use a condom the last time they had anal sex may surprise you

こちらQueerPlusUpもご覧ください。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


同性愛(ノンアダルト)


スポンサーサイト
  1. 2017/09/29(金) 01:16:38|
  2. Health
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年の家庭菜園は疲れたけど、楽しかった。

久々に音楽を紹介させていただきます。

2009年にイギリス・マンチェスターで結成されたシンセポップデュオの『Hurts』。
今年9月にはニューアルバム「Desire」をリリース予定で、今回紹介する2曲とも「Desire」に収録されています。

"Beautiful Ones"のメッセージ性のある曲を聞いてから好きになって、今月1日リリースされた"Ready to Go"のMVでもうぞっこんです。格好良すぎます!

1. Ready to Go
2. Beautiful Ones


 


さて、お次は、私の家庭菜園のお話です。
今年はベランダよりは広いところで家庭菜園ができているので、体力的に辛い時もあるのですが、何だかんだ楽しんでやっております。ただ、家の近くではないので、月に行けても3回ほどということもあり、毎回最初の2時間くらいは草むしりです。

今年はビギナーズ・ラックということなのかもしれませんが、全滅は「トウモロコシ」だけでした。トウモロコシは実はなったのですが、ことごとく虫に食われてしまいました・・・。あと、水分によるものらしいのですが、トマトは皮が割れてしまい、あまり上手にできませんでした。収穫のタイミングを逃し、キュウリは肥大化・・・。こうなるともう美味しくないです。やはり、植木鉢で育てるのと、直接土に植えるのだとこんなにも違うかと思うくらい収穫量は多いです。キュウリは次から次へとなりますし、ナスもピーマンもすごいです。

cucumber.jpg


近所のおばちゃんが毎回話しかけてくれて、野菜作りについても色々とアドバイスをもらっているのですが、もうちょっと詳しく野菜の作り方を習いたいなーと思う今日この頃です。

普段は近くの八百屋で野菜を買っているのですが、形の整った野菜を見たりすると「どうやったらこんなにきれいな野菜ができるのだろう?」なんて思ったりもします。もちろん、農家の方々が作っているから綺麗な野菜ができるのは普通のことなのかもしれませんし、私のような素人が作るのとは家庭菜園レベルとは違うのは分っていますが、実際に自分で野菜を作ってみて、その大変さなんかは少しわかるようになりました。最近は特に野菜を食べるときは、これまで以上に感謝しながら食べています。

今月の前半は忙しくて行けそうにないので、次回行く時までに秋から冬にかけても栽培プランを考えておかないとです・・・。

こちらQueerPlusUpもご覧ください。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


同性愛(ノンアダルト)

  1. 2017/09/05(火) 00:48:04|
  2. 自己
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お盆は実家へ。そして、スイカは赤かった!

お盆休みも終わってしまい、いつもの日常が淡々と過ぎ去っております。

お盆休みの前半は、実家へ。っと言っても、ここ最近は月2回ほど帰っているので、あまり特別感はなく、まずは普段通りミニ畑の野菜たちの世話をして、その後、お墓に迎えに行き、姉夫婦と甥っ子たちが来たので、甥っ子担当をしておりました。

お墓参りは実家に帰った時に、時間があれば行っていたのですが、母親に「あれ、お父さんいつ死んだっけ?」と聞いてみたら、「平成19年だから、今年で10年目ね。」と言われました。

「もう10年。 結構経ったんだな~」と思いました。

うちの父親は真面目だったのですが、その真面目が故に不器用でもありました。父親と仲が悪かったわけでもなければ、良かったわけでもなく、家に居れば話はしますが、父親との思い出はあまりありませんでした。

そんな父親が亡くなった時は何が何だかよくわからず、悲しいという気持ちはあったものの涙は出てきませんでした。そして、少し冷静になった頃に葬式が行われ、父親ともう話もできないとのかと思ったときに、はじめて涙がでてきました。そして、その涙は、葬式の間、止まりませんでした。

父親の死が、母親へのカミングアウトを後押ししたような気がします。

母親にとっては「知りたくなかったこと」かもしれませんが、結婚をしない息子を心配するよりは、結婚はしなくてもちゃんとパートナーと生活していることを伝えておいた方が安心するかもしれないと思いましたし、むしろ母親だからそこはを知っておいてほしかったのもありました。

ここ最近、実家にちょくちょく帰っているのも、実家近くで家庭菜園を始めたものもありますが、実際、母親は全然元気ですが、帰れるときに帰って、母親との時間をもう少し大切にしたいという思いがあったりします。とは言っても、結婚もしていないいい歳したおっさんが頻繁に実家に帰ってくるのは、周りから見たら少し異様なのかもしれませんが・・・。

IMG_5381.jpg
前回、収穫したスイカはこんなに赤かった!

IMG_5383.jpg
他のスイカも順調に育っております!


こちらQueerPlusUpもご覧ください。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


同性愛(ノンアダルト)

  1. 2017/08/18(金) 00:53:15|
  2. 自己
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドキュメンタリー映画 『Girl Unbound』

ここ最近、靴やトレーニング関連用品など古くなったものが多く、ネットショッピングをして散財しております・・・。

さらに追い打ちをかけるように、久々に天気が良かったので、ロードバイクで走っていたら、急に「パーーンッ!!」と大きな音が鳴り、パンクというかタイヤが破裂して穴が開いてしまいました・・・。家まで10キロ以上もあるのに、手持ちは数百円しかなかったので、自転車屋に行くこともできず歩くことを覚悟しようとしたとき、タイヤのチューブの替え(5年前くらいに買ったもの)があることを思い出し、スマホを見ながらどうにか取り替えて、無事に家に戻ることが出来ました。ただ、タイヤは破裂してしまったので、買わないとです。また、出費が・・・。

本日はドキュメンタリー映画 『Girl Unbound』 のご紹介です。

もともとドキュメンタリー映画が好きな私ですが、今、見てみたいドキュメンタリー映画の一つがこの 『Girl Unbound』 です。



「Girl Unbound」は、男の子の格好をしてスカッシュプレイヤーのスターとなったパキスタンの女性 “Maria Toorpakai” の物語です。

男女の間を揺れ動いているジェンダーが流動的な大人として、彼女は思いも寄らないような革命家になり、母国における家父長制度の抑圧から女性を解放するよう懸命に取り組むことでタリバンからの殺害の脅威にさらされることになります。

驚くべきそして、普通では考えられないと言っても過言ではない「Girl Unbound」は、ジェンダーの流動性の象徴となる感動的な物語です。

【公式ホームページ】
Girl Unbound : http://www.girlunbound.com/

こちらQueerPlusUpもご覧ください。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


同性愛(ノンアダルト)

  1. 2017/08/07(月) 23:37:50|
  2. Movie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1年もブログを放置してしまいました・・・。

前回の記事の投稿日を見てみたら、「2016年6月15日」ではありませんか?!

この1年色々ありまして・・・っと言いたいところですが、特に何があったわけでもなく、平凡な日々が只々過ぎて行きました。

このブログの他にサイトを立ち上げてみました。こちらも思うように更新できないのですが、ご興味ございましたらご覧ください。

QueerPlusUp:http://queerplusup.com/

さて、ここ最近はすっかり家庭菜園の日々です。
昨年までは、家のベランダで家庭菜園をしていたのですが、今年からは畑ではないのですが、もう少し広々とできる場所を見つけたので、そちらでやることにしました。っということで、草むしりから始まり、土を耕したりして始めたのは良いものの、素人なので今やっていることが正しいのかわからないまま進んでおります。近所のおばさんにアドバイスをもらいつつ、失敗もしつつ、どうにかスイカは成功の方向へ向かっています。もう少し大きくなれば食べごろのはずなんですが、種から植えたら、大玉か小玉かがわからなくなってしまい、いつ収穫したらよいものか・・・。

スイカ

っと言うことで、こちらのブログは日記なりLGBT関連なり気になることをダラダラと書きつつ、「QueerPlusUp」では、LGBT関連をメインに更新していきたいと思います。

よろしくお願い致します。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


同性愛(ノンアダルト)

  1. 2017/07/26(水) 16:25:33|
  2. 自己
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Ja'mie

Author:Ja'mie
ごくごく普通のリーマンです。
GAYとして、少し真面目に考えてみました。
暇な時にでも、ざっと目を通してみてください!

ゲイブログ ランキング

さりげなくランキングに参加しています。気が向いたときに一押しお願い致します!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

同性愛(ノンアダルト)

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
同性婚 (50)
自己 (63)
USA (39)
Health (24)
News (117)
Music (34)
Movie (52)
Life (127)
海外ドラマ (10)
動画 (37)

総アクセス数

現在のアクセス数

現在の閲覧者数:

おススメ

ブロとも一覧


Dolce Vita ~ Gay Marriage Life ~

LGBT情報

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム